今後の人生を左右する資格取得のための情報サイト

高校生の時に取得できる資格が社会に出て役立つ

人生の選択は高校生から既に始まっている

資格と聞くと、メジャーなところで英語検定、漢字検定、TOEICなどがありますが、これらは皆文系資格と言われるものです。 理系の大学を目指している方にも必要な資格ではありますが、できれば取っておきたい理系資格について、説明していきたいと思います。

教科に文系と理系があるように、資格検定にも文系理系がある

私が高校生の時代は、将来なんて遠い未来のことであまり考えていませんでしたが、大人になった今思うことは、若いうちからもっと勉強をしておくべきだったということです。
勉強はいくつになっても出来ることですが、早いに越したことはありません。大人になってからでは失敗をする時間があまりないのです。
10代という頭の柔らかい時期に吸収することは、かけがえのない財産になります。
時間の許す限り将来を考えて資格取得を目指すことは、決して無駄にはなりませんので、少しでも興味のあるものがあれば勉強されることをお勧めします。
無難なところでは、英語検定、TOEICは受けておいた方が良いでしょう。今は小学生でも外国語の授業があるくらい、英語力が必須な時代です。
留学をして、生きた英語を学ぶのも良いでしょう。
ただ、資格も数があれば良いというものではないので、違う分野でいくつも検定試験を受けるよりは、文系なら文系、理系なら理系と絞っていくと、就職にも有利になると思います。
高校生の頃、部活動に励むこともこれからの人生においてかけがえのない経験として重要なことです。運動部で体を鍛えるのも良いですし、美術や書道など、芸術面を鍛えるのも良いでしょう。だからといって勉強をおろそかにすることなく、これからの人生の選択肢を広げていく為に資格取得に励むことは、大人になった今では非常にお勧めしたいところです。
一度しかない高校時代、部活に勉強に、悔いのない生活を送ってください。

おすすめリンク

パン屋開業のポイント

みんなに愛されるパン屋になるには?美味しいパンをお手頃価格で提供するならここがポイント。開業の心得。

調理師になるための専門学校で学べること

調理師を目指すなら専門学校!専門学校で学べる事や取得できる資格の種類は何なのでしょうか。

神奈川でペーパードライバー講習を受けよう

心がけよう安全運転。神奈川のペーパードライバー講習で運転の感覚を取り戻してドライブに出かけよう!

文系資格は学校の授業に役立つものが多い

文系資格は、英語検定や漢字検定など、授業の延長にあるような資格検定が多くあります。 そのため、授業を理解できているかどうかの一つの目安として、学校側から強制的に受けさせられることもあります。 面倒でも後々役に立つ資格ばかりなので、受けておいて損はありません。

将来独立出来る資格を取る

企業の中で役に立つ資格も良いですが、先行き不透明なこの時代、最後に信用できるのは自分だけだと思っておいた方が良いと思います。 誰も信用するなというわけではありませんが、自分の身を守る術は持っておいた方が良いです。 どのような資格があるのか、考えていきたいと思います。

TOPへ