今後の人生を左右する資格取得のための情報サイト

将来独立出来る資格を取る

手に職をつける

将来どう転んでも、鍼灸師や整体師、美容師などの国家資格を取得しておけば、必ず役に立つときが来ます。
社会人になってからでも取得は出来ますが、社会人入試の壁はそんなに低くはありません。時間的にも制約がありますし、家庭を持っていたりすれば尚のこと、勇気が必要になります。
そう考えると、高校生のうちから進路をそちらに向けて考えて、専門の大学に入学したほうが圧倒的に有利です。時間の制約も家庭の縛りもない自由な時期に、将来を見据えて大学入試を考えることが出来ることは社会人からすれば本当に羨ましい限りですが、若い高校生には正直ピンとこないですよね。
一度しかない高校時代を悔いのないようにするために、将来を見据えて資格取得に励むことをお勧めします。

独立できる資格

将来どんな仕事で独立したいかにもよりますが、弁護士や公認会計士、行政書士などの、法律に関連した資格は独立起業に必要な資格になります。
国家資格でなくても、アロマセラピストやエステティシャン、ネイリストなどの民間資格も多種多様にあります。
将来どんな職業に就きたいか、高校生のうちからある程度考えておくと、卒業後の進路も明確になるでしょう。早いに越したことはないので、将来の為に今出来ることを考えて生活していくと良いと思います。
10年先の未来を考えて、なりたい自分になるために今何をするべきかを念頭に置きながら資格取得を目指していけば、たとえ将来役に立たなかったとしても、勉強した経験は決して無駄にはなりません。


この
記事を
シェア

TOPへ