今後の人生を左右する資格取得のための情報サイト

文系資格は学校の授業に役立つものが多い

就職に有利な文系資格

国際化社会と言われている中、まだまだ英語が堪能な日本人は珍しい存在です。
発音の仕方が日本語と全く違うので、ネイティブスピーカーのように話せないままでも、日常会話レベルはそつなくこなしたいですよね。
もはや一般常識とまで言われている英語検定は、必須資格とも言えます。加えてTOEICも、今や英語検定と肩を並べるくらいメジャーな資格です。
文法重視からコミュニケーション能力重視になってきている時代に対応できるのはTOEICですので、受けておいた方が良いでしょう。外資系企業を希望しているならば必須の資格です。
ただ、就職に有利だからというだけで勉強して資格を取れたとしても、それを活かせるかどうかは自分の力量にかかってくるので、資格を取っただけで安心はしないほうが良いでしょう。

一般教養として役立つ文系資格

文系資格は実社会において役立つ資格が多く存在します。
有名な所では、漢字検定や日本語検定が挙げられます。実はこれらは大学入試においても重要で、これらの資格の有無で受験者を評価する大学も増えているそうです。
それだけではなく、これらの資格を取るために勉強することで、正しい日本語を使えるようになり、読解力も深まります。
その他にも、ニュース時事能力検定というものがあります。検定を通し新聞やニュース等を読み解くことが出来るようになるので、入試や就職だけでなく、教養として身につけておくと、今後の人生に大いに役立つ資格と言えるのではないでしょうか。人脈の幅も広がり、人生のパートナーを得ることにもつながるかもしれません。


この
記事を
シェア

TOPへ